新作出しました

 

相続争い

相続争い

 

 いつもラノベ書いているんですけど、今回は普通の小説です。

新作出しました

 

今回は絵師さん雇って表紙を描いてもらいました。

例によってなろう輸入品です。

新作出しました

 

 なろうで日刊7位ぐらい、アルファポリスHOT1位になった小説をkindleに持ってきたやつです

たまには趣向を変えてこんな本をつくってみた

 

kindleのランキングから大体の販売数を予測する

これまでいっぱい電子書籍を販売してきて大体わかってきた気がする。

 

まず、ランキングの仕様について。

キンドルには有料販売とキンドルアンリミテッド読み放題の二系統があって、現状どちらもランキングに寄与する。

おそらく、アンリミテッドの方はダウンロードされた時点で有料販売1冊と同じカウントになる気がする。

有料販売1冊=Kindle Unlimited1冊(ダウンロードするだけで、ダウンロードした後はどれだけ読まれても変化無し)ランキングに対して同じ寄与度だと予想される。

なぜなら、結構ランキング上位なのにKENPC(アンリミが適用された本に対して、読み放題で読まれたページ数によって著作者に割り振られるロイヤリティ、これはダウンロードされた後にどれだけ読まれたかによって決まる)が全然伸びない作品があるから。

つまり、読者が「面白そう!」と思ってアンリミでダウンロードしても読んでいくうちに「つまんねー」と思って読み捨てられているのだ。

個人作家がKDPセレクトに登録してunlimited適用されて、本がダウンロードされても、1ページも読まれなければKENPCが増えずに収益は0円である。ただしダウンロードはされているのでランキング的には有料販売1冊と同様の扱いになって上がる。

なのでランキング上位だからと言って儲かってるとは限らない。

ランキング上位でアンリミが適用されていないなら確実に儲かっているが。

逆に言うと、KENPCは一冊3000までは適用されるらしいので、本のページ数が極端に多く、最初から最後まで読んでくれるようなカルト的信者がいる作者が出したKindle Unlimitedが適用された本ならランキングが低くても単価が大きく、儲かっているかもしれない。

キンドルではアンリミ適用作品はランキング的に優遇されている。

だからアマチュアがランキングに乗るにはアンリミ適用にするためにKDPセレクトに登録してアマゾン独占販売にするのがほぼ必須だ。

中身がクソでも表紙さえ良かったらアンリミで興味半分でダウンロードされて読まれなくてもランキングを駆け上がれるのだから。

目立って読者数が多くなれば、いくら中身がクソでも気に入る人が出てくるというものである。

もちろん中身がクソでなければアマチュアであろうとファンもついてくるだろう。

 

さて、本題。

平日と休日では同じランキングでも販売数が違う。

だから、一般的に定量化はできないので、大体の販売数の予想をする。

10~30日に一冊 = Kindleストア 有料タイトル 10万位以下

数日に一冊 = Kindleストア 有料タイトル 10万位ぐらい

一日一冊 = Kindleストア 有料タイトル 5万位ぐらい

1日5冊 = Kindleストア 有料タイトル 1万位前後

1日十冊 = Kindleストア 有料タイトル 5000位前後

 

大体このぐらいだと予想される。

これより上の順位はなったことがないので推測不可能である。

ただ、これより上位は販売数が指数関数的に伸びていると予想される。

なぜなら電子書籍の販売数はパレートの法則に従っているからである。

売れ筋ランキング5000位程度ではまだまだロングテールの範囲だろうことは容易に予想される。

 

ちなみに今電子書籍ライトノベルを出すなら、素直にKindleストア > Kindle本 > ライトノベルで出すのは不利。

ライトノベルジャンルは激戦区でランキングに載るのはかなり難しい。

Kindleストア > Kindle本 > 文学・評論 > SF・ホラー・ファンタジーが狙い目だ。

大体SF・ホラー・ファンタジー50位ぐらいがライトノベル500位ぐらい、Kindleストア 有料タイトル5000位ぐらいかな。

ジャンル別ランキング100位以内だとジャンル別の売れ筋ランキングに載るので、かなりの集客力を期待できる。

まあ出版の時に申請した通りのジャンル通りに適用されるわけじゃないんだけどね。

出版した後にKDPサポートに直接問い合わせるとジャンル変更できるらしいけど、面倒くさいから私はしたことがない。

web小説を電子書籍で出版してみたい人居る?

初期費用・手数料無料!

その代わりロイヤリティを3割頂けるなら、編集して表紙描いて電子書籍化してKDP通してアマゾンのkindleストアで出版代行します。分かりやすく言うと作者の印税70パーセントだ!(実を言うと印税とロイヤリティは違うけどそんなイメージ)

別に小説じゃなくてビジネス書とかでもいいですけど、それなら自分で電子書籍つくって出版できるんじゃないかなあ・・・。

絵のレベルはこのぐらい。

 

応募条件はこれだけ

・ブクマ100以上(小説家になろうでもアルファポリスでもカクヨムでもweb小説投稿サイトならどこでもOK)

 

あとKDPセレクト登録するんで、AMAZON独占販売になって掲載されてるWEB版の小説は出版前に消さなきゃいけないんでそこのとこ了承してください。

KDPセレクト登録しないとアマチュア作家の場合、大抵ロイヤリティはほぼ0になります、マジで。

もしやってみたい人が居たらツイッターかブログで連絡ください。

ツイッターの方がすぐ連絡つくよ!

「転生してもブサイクでした ただし転生先は美醜逆転世界」が販売開始されました

 これ、WEB小説投稿サイトに投稿してたやつを持ってきたやつです。

 

なろうでブクマ150、アルファでも同じぐらいのブクマだったやつですね。

KDPセレクトでアマゾン独占販売にしなければいけない性質上投稿サイト側の小説はもう消したんですけどね。