読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が小説の値段を250円に設定している理由

キンドル個人出版では印税の設定が35%と70%の設定になっていて、

70%の設定にするには250円以上じゃないとだめらしいんですよね・・・。

あとアマゾンでの独占販売が必須となります。

 

シスターズ・プロミスとかは短いんで99円ぐらいにしたかったんですがそれだと35%になるんで、70%にするために仕方がなく250円に設定しました。

 

多分これから別の小説出すとしても、250円以下にはしないと思います。

 

確かに廉価で売って70%のロイヤリティ払ってると、アマゾン側に旨味が少ないかもしれません。

でも安い値段でも70%ロイヤリティが設定できるようになればいいなあ……。

 

追記

とかいいつつ99円に設定し直しました。

あのページ数で250円だと高すぎだし……。

シスターズ・プロミスを、無料キャンペーンに登録しました

明日の17時ぐらいから5日間無料になります。

これで読んでくれる人が多くなるといいなあ。

 

私の売上レポートには買った人は表示されていないので、みんなUnlimitedで読んでいただけていると思うのですが。

レポートは不定期更新で、通常1日置きに更新したりするので、レポートに反映されてなくてもしかしたら買った人がいるかもしれないです。その時はごめんなさい。

 

表紙は変わりました。

ランキングは下がりました。

だだ下がりしたというわけではなく、自然に落下していったといった感じですね。

つまり表紙変えても変えなくても同じだった……?

描きたかったから描いたんだし、まあいいか。

 

今書いてる次回作はショタ魔術師が女冒険者パーティに入ってダンジョンで冒険するぜものです。

いつ書き終わるかなあ。

シスターズ・プロミスよりは長くなりそうですけど。

 

KDPの表紙まだ変わってないよー

どうなってるのアマゾンさん!

 

次出す本のプロット書いてます

ファンタジーダンジョンものにしようかなー

シスターズ・プロミス: 暗殺者の誓い KDPで承認されました

シスターズ・プロミス: 暗殺者の誓い

シスターズ・プロミス: 暗殺者の誓い

 

 内容紹介

実力だけが物を言うスラム街に暮らす、凄腕暗殺者のフォウ。
ある日フォウは、弟子のライムと共に奇妙な依頼を受けた。
聖女の誘拐、それがフォウを過去の呪縛から解き放つきっかけになるとはこの時誰にも予想できなかった。

へたれ暗殺者とヤンデレ弟子と常識人の聖女が集まる時、物語は動き始める!
 
 
無事承認されて出版されました、すごい時代ですね、小説を個人でこんなに簡単に出版できるなんて。
text形式で小説書いて、表紙用意して、でんでんコンバーター使ってepub形式のファイルつくったらすぐ出版できます。
申請から2、3時間ぐらいですぐ承認されました。
審査はコンピューターが自動でしてたりするのかな? 深夜に申請してすぐ承認されたので、人力というのはあまり考えがたいですが。
 
ていうか……紙の本換算34ページ……これで250円って、Kindle Unlimitedの人以外見ないでしょうこれ(笑)
Unlimitedの人でも読んでくれないかも……
目を引くために表紙イラストでも描こうと思ったんですけど、私絵下手ですから逆効果になると思ったんですよねえ。
しかし、2万文字で34ページなのか……、一般の文庫本が12万文字として200ページぐらいですね。
いやはや、普段小説を気楽に読み流してましたが、小説を書くのがこんなに大変だったとは……