読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アラサー魔法少女アカネ奮闘記』 kindleで販売開始しました。

 内容紹介

 ハロー、私はアラサー魔法少女アカネ!

 この物語は私が恋に仕事に奮闘する物語よ!

 ジャンル的にはハートフル・コメディ!! シリアスお求めの方はブラウザバック推奨!
-----------------------------------------------------------------------------
いつも通りUnlimitedでも読めます。
個人的に怪作。

 

『森の中の小さな魔女』kindleで販売開始しました。

内容紹介

 森の中の小屋で一人で暮らすエルフのエリィは、ある日、森の中で傷だらけのダークエルフの少女、アリサを拾う。

 エルフや人間にとって、ダークエルフは敵。

 それでも、なぜかアリサを助けてしまったエリィは、一緒に生活していく間に、徐々にアリサと心を通わせていく。
-----------------------------------------------------------------------------
いつも通りUnlimitedでも読めます。
超短いのでヒマな時にどうぞ。
森の中の小さな魔女

森の中の小さな魔女

 

 

『僕のメイド』、kindleにて販売開始しました

内容紹介

社長である父が死に、常務である叔父に神輿として社長に担ぎ出された伊集院 要。
それは叔父の伊集院父子に対する復讐劇の幕開けだった――。

果たして要は、側付きのメイドである純香と共にこの難局を乗り切れるだろうか!
-------------------------------------------------------------------------------------------
Unlimitedでも読めるので良かったらどうぞ。
僕のメイド

僕のメイド

 

 

図書委員の神木さん、キンドルで販売開始しました。

無気力な男子の向日くんと、地味めな女の子、図書委員の神木さんとの短編ラブ・ストーリー

 

いつも通り、Unlimitedでも読めます。

 

図書委員の神木さん

図書委員の神木さん

 

 

KDPで読み放題がランキングに反映されなくなったみたいですね

Unlimitedで読まれてもkindle本ランキングで上がらなくなりました。

相当ページ数読まれないとランキングに入らないか、読まれても有料版を購入されなければランキングには反映されなくなったんじゃないでしょうか。

KDPで出してる人にとっては厳しい環境になったと言えそうです。

今、アマゾンに新作の販売申請してきました

新作はローズ・ガーデン:ショタ魔術師、女性パーティに加入する、です。

結構自信作なんですが、どうなるでしょう。

明日には販売できるかな。

シスターズ・プロミスは全然はけなかったけど、こっちはタイトルがイケイケなんで捌けるかなあ。捌けるといいなあ。

シスターズ・プロミス有料版お買上げありがとうございます

無料キャンペーン終わりました。

無料ランキングでは常に上位食い込んでてたんですが、有料になった途端圏外です(笑)

まあ無料ランキングはやはり緩いですね。

広告宣伝のためにやるのはいいと思います。

個人出版者は、出版して売れ行きが落ちてきたら無料キャンペーン打つのが鉄板かな?

 

そういえば、99円にしたからか、はたまた無料キャンペーンで宣伝になったのか、有料版が結構買われてました。

ありがとうございます。

 

私は個人出版の本を買う人は読書家でUnlimitedに入ってるから、有料版ははけないかなぁと考えてました。

だから無料キャンペーン終わってKENPC伸びたら良いかな、と思ってました。

でもUnlimitedに入ってない人も居て、有料版の需要あるんですね。

もしかしたら無料でダウンロードして、面白いと思ってくれた人が買ってくれてる?

もしそうなら、光栄です。

 

有料版の需要があるとなると、値段設定が悩みどころです。

販売価格が99円だとロイヤリティが35%で、250円だと70%なので、個人出版者としては、どうしても250円にしたい気持ちが強くなります。

でも、私みたいな無名は99円にしてはけさせた方が良さそうですね。

手にとってすら貰えないと、ロイヤリティどころの話ではないですから。

 

次作はショタ魔術師が女性パーティに入ってダンジョンで狩りをする話です。

成人ですが、姿格好がショタに見えるという設定です。

成人なので健全です。

大体3分の1ぐらい書けたかな?

ちょうどショタがパーティ加入した辺りです。

結構プロット通りに進んでいて順調。

自画自賛ですが、結構面白いんじゃないかなあ、これ。